電話

公衆電話の使い方がわからない?今どきの子供たち

投稿日:

緑の公衆電話を最近は見かけることが少なくなりました。
しかし、災害時に携帯電話が使えなくなったとき、緊急に連絡がとれる公衆電話が便利です。
しかし、その公衆電話を使い方がわからないといういまどきの子供たち。

公衆電話とは

昔は、公衆電話というのがありました。
コンビニが建ち始めて、コンビニにも必ず公衆電話が設置してありました。
昔は携帯が普及していないので、電話をかけるのに公衆電話は必須でした。
しかし、携帯電話の普及が進むにつれて、しだいに公衆電話はなくなりました。
電話をかけるのに、硬貨(10円から使用可能。100円だと途中で通話を切ってもおつりがかえってきません)かテレホンカードを使います。
このテレホンカードも今のクオカードみたいに、いろんなイラストや写真が印刷してあるもので、景品だったりしていました。
プレミアムがついたテレホンカードもあります。
それほど普通にみんながもっていたテレホンカードも、公衆電話が衰退していったので、なくなりました。
いまではみな携帯ですからね。

公衆電話の使い方

受話器をあげて、先に硬貨かテレホンカードをいれます。
すると受話器から「ツー」と音がするので、電話番号を押します。
通話料がかかるのは、相手と通じてからです。
留守電になったら、切らずに留守電をいれたほうがお得です。
だって留守電になった瞬間から10円とられてしまいますもの。
そのまま切ってしまったら10円もったいない。
伝言をいれたほうがましですね。
緊急電話のときは無料でかけられます。
公衆電話本体の下に、赤いボタンがあるので押します。
そして110番や119番をおします。
緊急時にすぐに緊急電話をかけられるようになっています。
とても便利なんですよ。

まとめ

いまはもう見かける機会がすくない公衆電話。
緊急時に電話をかけるときは無料で電話をかけることができます。
携帯電話が普及したいまは使うことがめったにないですが、使い方は覚えておいたほうがよさそうです。
あなたは公衆電話つかうことができますか?
というか、警察や救急車を呼ぶ電話番号がすぐ思い浮かびますか?
いざってときに電話番号がでてこなければ意味がありません。
その点、公衆電話には赤いボタンの横に緊急電話番号がかかれてあります。
とても便利ですね。
時代とともに公衆電話がなくなってしまうのは残念ですが、携帯電話が使えなくなったときは公衆電話を使うといいですよ。

Follow me!

-電話
-, , , ,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした