痴漢犯人顔写真ツイートで「指名手配」

自分の彼女が痴漢被害にあったとして、千葉県立高校1年生の男子生徒が加害者と思われる男性の顔写真をツイッターに投稿した。

「痴漢されて交番わずった」

きっかけは同じ高校1年生の女子生徒が12月5日交番内の画像をつけてこうツイートした。

その日のうちに、女子生徒と交際中という男子生徒が次のようにツイートして、痴漢したとする男性の顔がわかる写真をアップした。

「こいつ探しています。見つけたらLINEかDMください。

彼女が痴漢されました。こいつにきをつけてください。」

JR常磐線の電車内で痴漢されたといい、その電車内で撮影されたものとみられる。

その男性は、グーの形をした左手をつり革の握り中にいれ、イヤホンにつないだスマホらしきものを右手で操作していて、痴漢かどうかはわからないものだった。

男性を探しているとして、この男性はその場で取り押さえることはなく、警察に引き渡されることもなかった。

男子生徒のツイートを受けて、他の高校生の友人たちも次々リツイートしていった。

ところが、14日になって、2ちゃんねるでこれらのツイートが紹介され、「証拠なしw」「両手がふさがっている」「これって私刑にならないの?」といった批判や疑問の声があがった。

痴漢被害は、現行犯でないと対処できないとされ、警察には取り合ってもらえなかったようだ。

 

男子生徒が男性の顔をさらしたことについて、教頭は「もしそうだとしたら問題です。名誉毀損にもなりかねませんので、厳重に指導したいと考えています」とはなしている。

 

 

たとえ、犯人だとしても、その人の許可なしでネット上に顔をさらすことは、プライバシー侵害にあたりますので、損害賠償の対象になったり、名誉毀損罪で刑事罰を負ったりするので気をつけてください。

もし痴漢にあったら、その場で大声をあげましょう。

その場にい知人がいたら助けをもとめてください。

現行犯なら取り押さえることができます。

怖がらずに大声ですよ。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lufra51/lufra.pw/public_html/news/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lufra51/lufra.pw/public_html/news/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lufra51/lufra.pw/public_html/news/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35