猫はこたつでまるくなる・・・冬の風物詩が危険!

ヌコがこたつに入るのは危険だった
冬の歌でもある童謡「雪」の歌詞にもでてくる

「猫はこたつでまるくなる」

のように猫はこたつが大好きです。

猫を飼っている家では、こたつの中に猫がいたなんてこともあるのではないでしょうか。

猫は犬より寒さに弱い動物です。

よく布団の上にのっているなんてこともあります。

寒いのだから猫用暖房器具でも用意してあげよう、そんな気持ちにもなりたくなります。

しかし、ちょっと待ってください。

猫に暖房器具は危険です!

なぜかというと、若い猫なら熱くなると自分から離れて体温調節ができますが、年老いた猫だとあまり動きたがらないので体温が上がりすぎてしまう危険性があります。

さらに電気コードをかじり、感電死してしまう可能性もあります。

ものをかじってしまう猫の場合は要注意です。

なら湯たんぽはどうか。

湯たんぽも物をかじってしまう猫ちゃんがいると、中身の湯をまきちらすことになるので、注意がいります。

ベストなのは毛布なのではないのでしょうか。

寒がりの猫ちゃんは、寒い季節になると病気になるがちです。

暖かくすることで病気をふせぐこともできますから、

その猫ちゃんにあった方法であたたかくして冬をすごしましょう。