女として終わっている男性が思う女性の行動

女性がする行動で、男性が無理と思う行動をいくつかあげて見ます。

恋人同士でいっしょにいると、結婚をしたときにどんな生活をおくるかを想像したくなりますよね。

そんなときに、こんな行動をとってしまうと男性は「女として終わってる」と引いてしまうそうです。

■くしゃみをするときに手で隠さない

口に手をあてないで、人前でおもいっきりくしゃみをする女性を見たら、女性ではなくおっさんにしか見えません。

かわいらしく、口に手を当てたり、ハンカチで口をおおうなどすればよいと思いますが、豪快にくしゃみをする女性には引いてしまうようです。

くしゃみはツバが飛びますから、手を当てたりハンカチをあてるのは最低限のマナーです。

それができないのであれば、女性としてではなく、人としてもダメな人だと思われます。

 

■人前でお尻をかく

人前でポリポリお尻をかくのは、おばさんが寝転がってテレビをみながらするものというイメージがあるので、「女」として見れなくなるとのことです。

ポリポリかくしぐさがだめなのだというわけではありません。

男性からすると、女性にはしてほしくない行動のひとつのようです。

人前で恥らいなくお尻をかけてしまう女性に、女を感じる男性はいないようです。

 

■どこでもところ構わず化粧をする

よく電車で化粧をしている女性を見かけます。

化粧は自宅でするもの。「だらしがない」とみられてしまいます。

化粧をしている顔は変な顔になっていることも多く、男性側からしたら見たくなかった一面をみてしまうことになります。

化粧は人目につかないところでするのが一番でしょう。

 

■食べ方が汚い

これは男性女性どちらでもいえることだと思います。

クチャクチャ音をたてて食べるのはどんなにカワイイ子でもかっこいい人でも、二度と一緒に食事をしたくないと思います。

見ている側からすると、何を食べていてもおいしく感じません。

音をたてるだけでなく、こぼしながら食べる、箸の持ち方がおかしい、共通のお皿に自分の箸をつっこむなどの食事中の振る舞いは、その人の育ち方や性格が確実に出ますから、特に注意をしましょう。

 

一度身についた行動を正すのは容易なことではありませんし、自分は普通と思っていることが、他人にとっては不快だったということもめずらしくありません。

同性にチェックをしてもらって、正していくのも手ですね。

自分の家族だと、その家系で常識なことが、実は世間では非常識だったということがありますので、必ずほかの誰かに自分の行動・しぐさをチェックしてもらったほうがいいと思います。