国有地に畑 「日本人だからいいじゃない」

国有地とは、国の保有する土地であります。

国の機関名義であっても、実際の管理は県が行っていたりします。

とあるところの河川敷のことなのですが・・・

そこは国有地。

しかし、そこにはあるものがありました。

なんと、畑です。

許可なしに、勝手に耕して、農作物を植えている人たちがいるのです。

驚くことにその人たちは、国有地と知っていてやっています。

「国有地でしょ。私は日本人だからいいじゃないか」

という理由です。

 

国有地はたしかに国民のものでもありますが、

国民個人のものではありません。

勝手に占領していいものではありません。

 

問題はこれだけではありません。

なんと、中国人と思われる人が同じように畑をつくっているのです。

その大きさは前記の倍以上。

なぜ中国人と思われるというのかというと、その畑の中に落ちているものや、鳥よけにつかわれているCDなどがすべて中国語表記だからです。

料理店でも営んでいるのでしょうか?

料理店に卸しているのでしょうか?

そのくらいの量の農作物があります。

これが本当に中国人や在日の方だと問題です。

日本国民の土地に勝手によその国の人が無断で使っているということなのですから

国土を占領されたといっていいでしょう。

 

それにもかかわらず、管理している県は

国と国との話だから、相手側の国の機関に対応させる。

とのことらしいです。

 

この河川敷の監視は年2回しか行われていませんし、いまのところ口頭注意のみのようです。

 

不法占拠にあたりますから、行政側で強制撤去はできるようですが

いまのところそういう動きはありません。

 

もっと強い態度で対応してほしいですね。