ネットで副業120万円。女性57万円詐欺

福岡県警筑紫野署によると、福岡県筑紫野市のアルバイト女性(25)が、ネットで相手をすれば120万円をもらえると信じ、登録科名目で57万円あまりを失った。

同署によると、女性は今年11月29日に、ネットサーフィン中に、いわゆる副業斡旋サイトをみつけ、「サイト内である人物の相手にメールのやりとりをすると現金120万円をもらうことができる」という内容だった。

女性がサイト関係者と連絡をとると、「現金を受け取るためには正式アドバイザーに登録が必要です」といわれ、その言葉を信じた女性は13回にわたり合計57万円相当の電子マネーを購入。

その情報を支持された相手に伝え、利用権をだましとられたという。

同署は偽電話詐欺事件として捜査をしている。

 

 

副業サイトで、メールレディというのがあり、

通帳の写真とともに、メールの相手をするだけで○○万円もらえるという仕事があります。

それらは、サイト内のメールでやりとりをしますが、いざ相手がお金を振り込みますとなったとき、サイト管理者から「○万円以上受け取るには手数料○万円払わないといけない」という言葉がでることがあります。

しかし、実際にふりこんだところで相手から現金が振り込まれるわけではありません。

サイト管理者もメールのお相手もグルです。

お金をもらうためにお金を出さないといけないのは

「詐欺」です。

副業にかかる講座料としてとるもの

「詐欺」です。

こういうのには絶対ひっかからないようにしましょう。