アレルギー除去食取り違え、児童2人が一時入院 京都

京都の市立神明小学校の給食で、

小麦粉アレルギーのある男児用

乳製品アレルギーのある女児用の給食を取り違えて提供。

女児はすぐにアレルギー反応がでて、救急搬送となった。

男児は帰宅後に症状が悪化してこちらも救急搬送。

 

男児のスパゲッティ抜きと女児のチーズ抜きの給食を

間違えて提供とのことだが

ネットでは「5年生にもなって、食べられない食品がわからないのか」「学校になんでも責任を押し付けないで弁当にすべき」との声があがっている。

 

母親は毎日弁当を作るのは大変と思いますが

それでも子供の命には代えられない!

学校も弁当持参をかんがえてもいいのでは??

 

YAHOO!ニュースより